共感性を示す場面は意外に難しい

コミュニケーションを円滑にする「共感性」。

傾聴や相槌などのテクニック的なものから、相手に対する興味理解をもつという内面的なものまで、いろいろな側面からその必要性が説かれています。

  

ただ、「私もそうなんですよ」「分かります」という発言は関係性を間違えると失礼になりかねません。

 

信頼・尊敬していない人に「私もそうなんですよ」と言われると、

「だから何?」とか「お前に何が分かるんだ」と思ってしまうもの。

 

自分と相手の関係性の認識を間違えると、逆効果です。

 

共感することは大事ですし、共感的態度を「有効に」使うことができれば関係性がよくなるという傾向があることは否定しません。

ただ、人間関係において、マニュアル的な普遍解を求めてはいけないなぁとつくづく思います。

 

これは自分も気をつけなきゃな、という自戒も込めて。