生まれて初めて占いに行ってみた

人生に迷っている私は、生まれて初めて占いに行ってきました。

 

あんまり好きじゃなかったんです占いって。

嘘くさいし。

 

統計学的に実証されて~」という触れ込みの占いとかよく見かけますけど、

そんなの無理だし。

「そんなんで有意差出るわけ無いじゃん。嘘じゃん。」

と思ってました。

 

でも気休めとしてはいいんだろうな、と思い行ってしまいました。

良いこと言ってもらえたらもうけもんだし、

悪いこと言われたら忘れればいいだけです。

 

そしてネットで調べ、当たると評判の占い師のところへ。

 

ビルの2階の小さい事務所でした。

対応してくれたのは60代くらいの男性。

 

まず渡された紙に名前を書きました。

姓名判断のようで、何か数字を書き、計算していました。

「何について聞きたいの?」と聞かれたので、

「仕事について」と答えました。

 

そして「う~ん・・・」という顔をして第一声。

 

「あなた権力を使って上から命令する仕事が向いてる」

 

 

 

 ・・・最悪な人間じゃねーかw

 「権力を使って命令」

なんて小者なのでしょうか。

みっともなさすぎます。

 

気を取り直し「例えばどんな仕事でしょう?」と聞くと、

 

 

「先生とか。

でもあなたは自分が間違っていても絶対謝っちゃダメ。

みんなあなたの言うこと聞くから、

ひたすら命令しなさい」

 

 

 

・・・それはただのクズじゃねーかwww

 絶対に嫌われます。

恨まれます。

そんな人間にはなりたくありません。

 

なんなんでしょうこの占い師。

 

おもしろい。

 でもなんの参考にもなりません。

 

そのあともことごとく外れます。

 

 

占い師「長女でしょ」→私「次女です」

 

占い師「お腹下しやすいでしょ」→私「どっちかっていうと逆です」

 

占い師「結婚したの28か29の時でしょ」→私「25です」

 

占い師「計算とか苦手でしょ」

→私「特別苦手でもないですよ。高校の数学、全国偏差値で70くらいでしたし。」

→占い師「経理とかやったことある?」

→私「ないです」

→占い師「ほら」

どのへんが「ほら」なのでしょう?

全然分かりません。

 

こんなやり取りをしながら約1時間。

最後に

「あなたは奇跡を起こせるから心配いらないよ」

と言っていただきました。

 

私は最後の一言だけ当たっていると思い込むことに決めました。

 

30分5000円という価格設定だったのですが、

結果1時間ほどみていただきました。

 

自分の感覚としては高いお値段でしたが、

まぁ面白かったから良しとします。

 

それにしても、世の中にはいろんな仕事があるんだなぁと思いました。

占い師って資格いらないし、中々の料金を取ることができるし、

いい商売かもしれません。

 

占いの内容より、占い師自体が、

あんまり生きることに悩む必要はないと思わせる存在なんだなと、

妙に納得してしまいました。