いじめられたら逃げていい

いじめが起こるのは学校の責任

・・・これ間違っていると思います。

こんなこと言っているから学校が隠蔽してしまう。

 

「いじめは当たり前に起こる」ことを前提にしたほうが建設的だと思います。

 

さるの世界だって特定の個体をいじめることはあるし、大人だって陰口叩いたり足を引っ張ったりする人はたくさんいます。

 

基本的に、他人より優越していたいという欲求だったり攻撃性だったりを人間は持っているでしょう。

ある程度の年齢になったら、生まれてから一度も他人を傷つけたことがないと断言できる人はいないはず。

 

「子供は天使のような存在で悪意なんてもっていない。」とでも思っているのだろうか。。。

そもそも、学区が同じという理由だけで、ほぼランダムに集められた人間が、みんなで仲良くしなければならないということ自体に無理があると思います。 

人間関係で言うと、私は小学生のときが一番辛かったかも・・・

 

いじめによって追い詰められる子供を減らしたいなら、いじめにあったら逃げていいということをもっと周知させるべきです。

 

それに加えて、「親に言ったら心配させるかも・・・」と考えている責任感の強い子もいるから、「人は多少迷惑をかけられたり、頼られたりすると嬉しい」ということも教えたほうがいい。

 

「人に迷惑をかけてはいけない」って一見正しそうだけど、みんな迷惑かけあって社会を形成しているのに、「何を今更感」があるような気がします。

 

人間関係を正すのって、多大な労力を使う割にそこから得られるものは特にないです。

学校なんて行かなくても勉強はなんとかなるし、いじめられたら即座に逃げるべし!

学校に行くことより命や心の健康の方が大事に決まってる!