ブログを書こうと思ったきっかけ

最初にブログを書こうと思ったきっかけを書いてみたいと思います。

 

まずは自己紹介から。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

国立大学大学院修士課程修了

修了と同時に結婚

中小企業に就職

その会社の非効率性にゾッとし、ここに染まりきるのは危険だと感じる。

転職するにしても入社するまで会社の風土などがわからないため、また同じような会社に入ってしまったら意味がないと思い、転職ではなく独立系の資格の取得を目指す。

仕事+家事+試験勉強があまりに辛く、会社を辞める。

専業受験生になったものの、試験勉強に苦しむ。

 独立系で一生ものの資格がほしいというだけの理由で試験勉強を始めた+勉強は忍耐でなんとかなると思っていたため、あまり自分の適性や興味の対象であるかどうかを考えておらず、ひたすら暗記型の勉強に苦しむ。

ここで「なんか私、壮大な間違いを犯しているような気がする・・・」と思い、ブログを書こうと思いつく。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

・・・とまぁ、雑ですがこんな感じです。

でも最後の一文、説明が足りないので、以下に補足させていただきます。

 

ここで気づいた私の壮大な間違いとは、「辛いことに耐えればきっといいことがあるはず!」という思い込みを持っていたことです。

辛いこと頑張ったって自分がすり減るだけで、それがいいことにつながるなんて夢物語で、かつ非論理的ですよね。

そもそも「いいこと」ってなんだよ?って話で。

 

自分自身に生きる力がほしいと思いながらもがいてはいたものの、大したスキルもなく30代になってしまいました。

だから「努力」の考え方を改めないといけないな、と思ったんです。

「努力」っておそらく、「自分が興味あること、好きなこと、得意なことであれば没頭できるし、辛いことも楽しめる。それを周りから見たときに「あの人は努力してる」と言われる」っていうことなんでしょうね。

「辛いことに耐える」=「努力」って考えると、辛いことの先に辛いことが待っているから逃げ場がない。

自分で自分を追い込んでしまい、勝手に辛くなっていく。

これじゃぁただの自爆です。

 

だから、自分の好きなことについて真剣に考えたいと思いました。

学生時代、論文やレポートを書くのは好きだったので、ブログで自分の思ったことや好きなことを書いてみたいと思います。

ちなみに好きなことは・・・・

 社会心理学ハロプロフィギュアスケート・絵を描くこと・文章を書くこと

今思い浮かんでいるのはこれくらいです。

 

大抵の人にとって、上記に書いたことは「当たり前じゃん!気づくのおせー!」って感じだと思うんですが、多くの人が息苦しい昨今、私のようなダメな人間を見て安心できる人がいるならば、それはそれで良いような気がしてます。

ではでは不定期で更新していきます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!