モーニング娘。’17 工藤遥の美しい涙を見ることができるPV3選

2017年の秋ツアーを持ってモーニング娘。およびハロープロジェクトからの卒業を表明している工藤遥

 

モーニング娘。の主要メンバーの一人であり、ルックス・ダンス・歌のすべてにおいて魅力のあるメンバーでした。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

か、かわいい・・・・

※私は変態ではありません。あしからず。

 

卒業後は女優業へ進出するとのこと。

目標は広瀬すずさんのような女優だそうです。

 

今回は、女優としての片鱗を覗かせる、工藤の涙が印象的なPVを振り返りたいと思います。

 

まず、こちら。

当時のリーダー道重さゆみを現役メンバーが送り出す曲「見返り美人」。

工藤の涙は4:33ごろ


モーニング娘。'14 『見返り美人』(Morning Musume。'14[A looking back beauty]) (Promotion Ver.)

 

後半でメンバーが読んでいるのは、道重が各メンバーに宛てて書いた手紙です。

どんなことが書いてあったんでしょうね。

メンバーそれぞれが様々な表情を見せていますが、工藤だけは泣いてしまっています。

感情が豊かなのでしょう。

 

 

2曲めは、エース鞘師の卒業シングル「ENDLESS SKY」。

工藤の涙は4:40ごろ


モーニング娘。'15『ENDLESS SKY』(Morning Musume。'15[ENDLESS SKY]) (Promotion Edit)

絶対的エース鞘師の卒業はメンバーに大きな影響を与えたことでしょう。

 

卒業コンサートでは、

「泣くわけないでしょ。泣くはずがない。自分が選んだ未来だから。でも悔しいな。涙止まらない。」

という歌詞のところで鞘師が実際に泣いてしまうという、感動的な展開を迎えたこの曲。

 

曲調自体は明るい曲ですが、工藤の涙も手伝って、PVは一層切ない仕上がりになっています。

 

 

3曲めは10/4発売の工藤の卒業シングル「若いんだし!」です。

工藤の涙は最初と最後。つまり絶対に全部見るべし!


モーニング娘。'17『若いんだし!』(Morning Musume。'17[You’re Young Anyway!])(Promotion Edit)

 

さぁみなさんご一緒に。

どぅーーーーーーーーー!!!!!!

f:id:kio3:20170924173836p:plain

 

楽しそうなPVで、私も泣けます。

工藤の涙は自然なので、もらい泣きしてしまいます。

とっても素敵なPVに仕上がっていると思います。

 

 工藤のキラキラな涙が見られるPV3つを挙げてみました。

こんなにキレイな涙を流せるなんて、工藤は女優に向いているに違いない!と私は思っています。

女優という新しい夢に向かって羽ばたいていってほしいと思います。

 

※アラサー女が十代の女の子の涙に感動してるって、若干気持ち悪いかもしれませんが、そこは許してください。ごめんなさい。

 

羽生結弦選手のジャンプ構成が異次元

私はフィギュアスケートが大好きです。

安藤美姫選手を応援していました。

安藤選手が引退してからあまり熱心には見ていませんでしたが、こんなニュースを発見。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

112.72点って、女子フリーかよ。

 

 


羽生、SPで世界最高得点更新 ノーミスの演技(17/09/23)

 

 

ジャンプ構成、なんすかコレ。

やばいじゃないですか。

 

①4S

以下、後半(得点1.1倍)

②3A

③4T+3T(両手タノ)

 

しかも最終的には4Sじゃなくて、4Loの予定とのこと。

 

この高難度時代を日本人が牽引しているのが感慨深い。

プルシェンコヤグディン時代のようだ。

 

浅田真央選手は回転不足ルールの厳しい時代だったから、いまいち得点に反映されず、悔しい思いをしたでしょうし。

 

ただ、羽生選手だけでなく、宇野昌磨選手も、他の4回転ジャンパーも、怪我にだけは気をつけてほしいです。

 

今シーズンはまたじっくりフィギュアスケート鑑賞しようかなと思います。

結婚のデメリットとは?

昨日結婚のメリットに関する内容をアップしたので、今日はデメリットについて書こうと思います。

 

kio3.hatenablog.com

 

こっちの方は本当にアホみたいなことを書きます。

 

結婚7年目の私が考える結婚のデメリットとはズバリ、

他人と共同生活しなければならないこと

です。

 

じゃあ結婚するんじゃねーよw

という声が方方から挙がってきそうです。

 

そうです。

仰る意味は分かります。

私がバカです。

 

でも、自分が思っていたより共同生活って大変でした。

人によって「普通の家庭」の形は違うからです。

 

私は「理想の家庭像」を持っていないつもりだったのですが、結婚後、「家族はこうでなければならない」という気持ちが自分の中にあることに気づきました。

 

私の生育家庭は時間管理がきっちりしていました。

毎日夕食は7時と決まっていて、誤差があっても5分程度。

全員必ず一緒に「いただきます」をしていました。

 

しかし、夫の実家は時間が有る人から食べ始める形だったらしく、時間もそれぞれバラバラ。

 

だから結婚当初、7時にご飯を作ったのに、

「今いらない」とか言われて、8時ごろに食べだすのが意味不明でした。

温め直さなければいけないので労働が増えます。

洗い物も夫が食べ終わるまで終わりません。

 

こういう小さなことに、ものすごくイライラしていました。

小さいイライラなら死ぬほどあります。

 

そして、やりたくないこと(上の例の料理の温め直し等)をしていると被害的になり、

「こんなにやってあげてるのになんでなんにもしてくれないの?」

(この当時、家事は10割私負担だった)

という気持ちになりがちでした。

結婚1年目は恥ずかしながらずっとこんな感じでした。

  

良い意味でも悪い意味でも「諦め」が出来たのが3年目くらいでしょうか。

別に夫婦は他人だし、厳格なルールもいらない。

やりたくないことまで相手にしてあげる必要は無い。

こういう発想になりました。

 

自分のタイミングでご飯を食べたいのならば、自分で温めれば良いのです。

よく考えれば当たり前です。 

 

やりたくないことは放棄し、

「人に乱されない生活をしている私ってハッピー」

と思っていたほうがマシです。

 

今はだいぶ適当に家庭内労働をしています。

子供もいないので夫婦に特別なルールはありません。

楽です。

 

ただ、もし離婚するようなことがあったら、

もう結婚はしたくないなと思います。

 

他人と一緒に暮らし、価値観のすり合わせを1からするのは面倒です。

 

結婚のメリットについては、「家庭内に労働力が2人分あることがメリットだ」と思っています。(冒頭にリンクを貼った記事をご参照いただければと思います)

 

それに代替するような、セーフティーネットとなりうるコミュニティを形成する能力があれば、結婚って不要かもしれないな、と私は思います。

(子供が欲しい人はまた違った視点で考えなければならないと思いますが。)

 

「結婚するのが当たり前」という観点ではなく、「自分にとって結婚が必要なのか」と考えて選べる社会のほうが豊かだと思います。

そのために参考にしていただければ幸いです。

  

結婚のメリット 家族観について

結婚するメリットがないという意見を結構見かけるので、結婚に対する私の勝手な考えを書こうと思います。

たくさんある内の一つの考えだと思って読んでいただければ幸いです。

 

私は、結婚するメリットは

一つの世帯に労働力が2人分ある

ことだと思います。

(ここでいう労働力とは経済活動だけでなく、家事労働などの対価が発生しない労働も含みます。)

 

共働きならお金がためやすくなりますし、

どちらかが専業主婦(夫)になり分業制をとるなら双方が時間を作りやすくなります。

 

どちらかに病気や怪我があっても、世帯収入を0にしないこともできるし、

ケアをお願いすることもできる。

 

これはメリットだと思います。

 

ただ、こういう話をすると、「家族を労働力とみなすって冷たすぎない?」と言われます。

 

家族って元々は労働の単位。

家業や土地を守るための集団だったはず。

家族は全員ただの労働力でした。

 

近代では、家業をもつ家が少なくなり、家族の役割であった養育・教育・労働のうち、養育以外の役割は外注されるようになりました。(教育は学校へ、労働は会社へ)

 

役割が少なくなってきたことにより、心理的な要因(愛とか絆)で家族を拘束するようになった。

つまり、家族が愛とか絆とかで結ばれた集団とみなすのって、近代的な考え方です。

 

ただ、私は愛とか絆とかを否定しているわけではなく、それを強いることや前提として考えることには否定的な考えです。

 

愛や絆を当然のものと考えると「夫・妻なんだからこのくらいして自己犠牲して当然でしょ。家族だし」という発想につながりやすく、危険です。

 この域までくると、愛とか絆とかと言いながら暴力振るっているのとほぼ同義です。

 

(もちろん自分が「夫・妻のためにしてあげたい」という発想を持つのは素敵なことだと思います。私が否定しているのは「それは当たり前」だと考え、強制することです。) 

 

 「相手の労働には価値がある」ということを認めていれば私は十分だと思うのですが、これは冷たいのでしょうか?

 

殺人事件の約半数は家族間で起こっていることや、相続関係でもめる家族が多いから民法の相続編は詳細に規定されていることなどを踏まえると、愛とか絆とかで家族を語ることのほうが、私には無理があるように思えます。

 

というわけで、「労働力が二人分になったからできることが増える」と考える人には結婚のメリットは大きいと思います。

この考えが冷たいと思う人は他のメリットを探していただければと思います。

 

好きな人の好きな本をたどるのが楽しい

 私は気になった人がおすすめする本を辿っていくタイプです。

 専門外のことって、どこから手を付けたらいいのかわからないので、好きな人がオススメする本をとりあえず読んでみます。

 

小説でも、好きな作家のオススメを辿っていくと面白いです。

以前、小説家・東野圭吾さんの本を読み漁っていた時、東野さんが初めて最後まで読んだ本は小峰元さんの「アルキメデスは手を汚さない」だというインタビュー記事を見て、小峰元さんの小説を読むようになりました。

 

すると、東野さんが登場人物の名前を合わせている(ような気がする)ことに気付き、もしや小峰元さんへのリスペクトなんでは?と思うようになりました。

(例えば、東野圭吾さんの「白夜行」と小峰元さんの「ソクラテス最後の弁明」には、ともに「桐原」という少年と「笹垣」という男性が登場します。)

 

こういう、「あの人はこの人に影響を受けているのかな?」と(勝手に)考えるのも、読者としては楽しいものです。

(あくまで勝手なんですけどね)

  

だから、文化人や小説家の方はオススメ本をまとめておいてくれると助かるのにな、と常々思っています。

 

 

モー娘。’17 「若いんだし!」「邪魔しないで Here We Go!」PV感想

モーニング娘。’17 64thシングル「邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」が10/4に発売になります。

9/20のハロステにて、「若いんだし」「邪魔しないで Here We Go!」のPV(ハロ!ステEdit)の一部が公開されました。

それがこちら。

 

00:08~ モーニング娘。'17「若いんだし!」

05:49~ モーニング娘。'17「邪魔しないで Here We Go!」

 

www.youtube.com

 

 「若いんだし!」は卒業する工藤を全面に押し出した作りになってますね。

明るい曲なんだけど泣けてくる(´;ω;`)ブワッ

若者へのエールと若い世代を包み込む愛が感じられます。

 

私は、3年前に発売された「笑顔の君は太陽さ」と似たメッセージ性を感じます。


モーニング娘。'14 『笑顔の君は太陽さ』(Morning Musume。'14[You bright smile is like the sunshine]) (MV)

 

「大人はずるいとかそう感じてるだろう。大人は君に戻りたいと思ってるよ。」

この歌詞、子供を包み込む愛が感じられます。

 

モーニング娘。はいろいろな人の愛を受け、大人になっていくのです。

工藤の目標は「広瀬すずさんのような女優」だそうです。

卒業後も応援しています!!!!!

 

 

一方「邪魔しないで Here We Go!」の方は大人のテイストの曲ですね。

かっこいい!!

今回の3曲の中で一番私好みかも。

つんく♂さんは女性の成長を表現するのが上手だなと思います。

実年齢より背伸びする内容ではありますが、いい具合に今のモーニング娘。の大人の表現力にマッチしていると思います。

 

14期森戸の「邪魔しないで」から歌が始まるこの曲。

カントリーガールズ所属で可愛らしいイメージがある森戸ですが、それとは違った大人の一面も見ることができる曲です。

このPVは途中までなので見ることが出来ませんが、間奏部分は森戸がセンターで踊っています。

かっこいいです。

最近入ったばかりだと言うのに13期・14期は本当に頼もしいですね!

 

ただ、余談ですが森戸を「森戸」と呼んでいいのか、若干の迷いがあります。

モーニング娘。は名字で呼び捨てが慣例ですが、まだカントリーガールズでの呼び名「ちーちゃん」の方がしっくりくるかも?

 

あと、こういった曲調だと佐藤と小田の表現力が目を引きます。

モーニング娘。プラチナ期の名曲「Take off is now!」を彷彿とさせます。

 


Morning Musume - Take off is now!

 

田中の歌い方が今よりだいぶ幼い!

でもやっぱり素敵だ。

 

今回のトリプルA面シングルは、モーニング娘。のいろいろな魅力が詰まったシングルだなと思います!

怒らない方法

私、よく「なんでそんなに怒らないの?」って言われるんです。

 

内心、怒っていることはたくさんあります。

ただ、現実場面でカッとなったり、声を荒げたりすることはほぼありません。

 

お陰様ででおだやかな人の称号を頂いております。

(実際の器は死ぬほど小さい。)

 

その理由はおそらく、

誰かに何かを言われたときに、

その回答を自分の中に持っていて、それを言語化する能力があれば、人は怒らない

という思い込みを持っているからだと思います。

 

逆に言うと、

すぐキレる人は

何にも考えていなくて、言葉が出てこないヤツ

だと思っています。

 

だから、そんな人間になりたくないから怒らないようにしているといったほうが正しいですね。

 

カッとなりそうな時

「ココで声を荒げたらアホっぽいぞ!」

と思って自制がきくという感じです。

 

よく怒りは6秒待てば収まると言います。

カッとなって感情の赴くままに怒鳴ってしまうとたぶん自分が後悔します。

 

なるべく適切に反論したいので、出来る限り冷静でいたいものです。

 

広告を非表示にする