辛い目にあっていないと罪悪感を感じる

表題の通り、モヤモヤを感じる今日このごろです。

 

現在、私は無職です。

 

でも、

主婦だから家事してるし、

在宅ワークはちょっとしてるし、

販売目的で手芸品作ってみたりしてるし、

ハローワークに就職相談行ってみたし、

もう一回大学院に行って博士号取りたいな、とか考えてるし、

そもそも就職してないこと=悪いことではないのに、

 

 

なんなんでしょう、この罪悪感

 

自分がつくづく「忍耐こそ美徳病」にかかっているなぁと思います。

 

子供の頃、母に「なんであんたはそうやって自分を甘やかすの!」と

責められたりしてました。

子供の頃の経験は、本当に自分の核の部分に影響を及ぼすものなんだな、

と感じております゚゚(´‐ ω ‐`)

 

苦労とか辛いことがないと、誰かに責められるような気になるんです。

その「誰か」は虚像であって、実際に私を責める人はいないのに。

 

なんて無駄な気苦労。

 

でも、私みたいな、無駄に気疲れしている人って結構いるんじゃないですかね?

 

楽しかったり、簡単だったり、すぐ達成できたりした方が絶対いいのに。

 

無駄な努力をして疲弊して何かを恨みたくなって。。。

それで人生が終わっていくのは虚しい。

 

無駄に頑張らないための努力

が必要だなと自分に言い聞かせております。

 

頑張って楽をしよう!!

 

 

人間関係って面倒

集団生活が苦手です。

多分生まれつきな気がする。

小学生のときは特に辛かった。

 

いじめられたりしたことは無いんですけど、うまく立ち振る舞うことに頭を使って疲れてました。

 

まず、クラスの相関図を把握し、集団内での力関係や自分のキャラクターを踏まえて自分のポジションを決める。

そして自分と他人の距離感をキープし、かつ友好的に振る舞う。

相手の顔色などの非言語的情報を読み取り試行錯誤を繰り返す。 

毎日寝る前にその日の友達とのやり取りを反復して反省点を洗い出す。

・・・・・etc

 

考えることがたくさんw

今振り返ると馬鹿みたいwww

これだけ必死に頑張って得られるのが「感じのいい人」のポジション。

費用対効果低すぎるw

 

大人になってからも集団生活は得意ではないですが、子どもの頃ほど考えてないですね。

 

だってみんなあんまり考えてないし。

 

大人になると失礼のない対応さえしていればいいかな、と思います。

 

気が合う人なんてほとんどいないし。

相手にがんばって合わせたって別にいいことないし。

「なんで私に合わせてくれないのっ!!キーヽ(#`Д´)ノ」って思うのは独りよがりだし。

いい人だと思われるとちょっとしたことで幻滅されて失望されたりするし。

へんに下手に出ると利用できる人間だと思われるし。

 

 

・・・結論

人間関係は頑張らないのが吉

 

子どもの頃の私に言ってあげたいですよ。

 

 

 

広告を非表示にする

子供がほしくない理由

現在31歳の私は子供いらない派です。

もちろん今後欲しくなる可能性はありますが、どうしても欲しくなったら養子でもいいと思っています。

 

理由は生きることが楽しいことだと思っていないから。

 

産まれちゃったからには仕方ないので前向きに生きようとしていますし、楽しい瞬間が全然ないわけではないです。

 

でも、子供の頃から今まで、いつも何らかの悩みや苦しみを持っていたような気がします。

 

小・中・高校時代は親の管理が厳しかったので、家が安心できる場所ではありませんでした。それに加え、学校生活での人間関係・大人の理不尽さ・勉強する意味などについて悩んでばかりでした。

 

子供の頃に比べたら、今は自分の意思で様々なことを選択できるし、好きなこともあるし、だいぶ幸せだと感じます。

それでももし、過去を変えることができるのであれば、私は自分が生まれてこないことを選択すると思います。

 

私が産んだ子供がこんな考え方を持っていたら、私は産んでしまった罪悪感で生きていける気がしません。

 

そして、抑うつ性は遺伝するといわれています。

そういったことを鑑みて、産む気にはなれないのです。

 

人の一生とは重いもの。

子供は望まれて産まれてくるべきだと思います。

不安がある状態で気軽に産むことは、私にはできません。

「産んでみたらかわいいよ」というアドバイスは空虚なものです。

 

以前、「なぜ子供が欲しいのか」を友人に聞いてみると、親のため・社会のため・本能だからなど、一般論かつ定形の理由しか出てきませんでした。

正直、「自分は本当に子供が欲しいのか」についてあまり深く考えていない印象を受けました。

でも、それが正解のような気もするのです。

 

きっと、生育家庭に問題がなく、自分の存在自体に疑問を持ったことがない人は、自然に子供を産みたいと思うのだろうな、と思います。

 

ネガティブな人間の遺伝子が後世に残らないのは日本社会にとってプラスかもしれません。そういうふうにできているのかもしれないと思いました。

そして℃-uteは伝説になった

℃-uteロスです。。。

解散しちゃってさみしい。。。

 

最後のライブみんなきれいだったなぁ。。。

スカパーで見てたんだけどDVD買おう。

現場に行けなかったからせめてDVDで売上に貢献しよう。うん。

 

ていうか

泣けたー(´;ω;`)ブワッ

 

れいだったし、かっこよかったし、歌もダンスも良かったし、演出も良かったし。

なによりみんないい子。

あんなにキレイなのになんでみんないい子なのぉぉぉぉ!!

 

アイドルに必要なのは人間性だな。うん。

 

それにさーエンドロール何あれー

泣かすーずるいよあんなのー

感動するに決まってんじゃんよー

 

℃-uteがteam℃-uteを想っていた日数 4385日

℃-uteがteam℃-uteに”ありがとう!”という気持ち 無限大

 

とか出すんだよ?!

泣かせようとしてんじゃん!!

粋な演出じゃねーか!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

こちらこそありがとうだよ!バカヤロー

いままで本当にありがとう!!!

 

本当にみなさん幸せになってください!

応援しています!!!!

 

どうしたらいいんだこのあふれる想いは・・・

出会いがあり、別れがある。

それが人生・・・( ´Д`)=3

 

何を言っているのかわからなくなってきたw

とりあえず℃-uteへ思いを馳せながら生きていこうと思います。

 

それにしてもハロプロって素晴らしいなぁ。

まさに人生!まさに活力!

うん!がんばろう!!

 

ただ、欲を言えば岡井ちゃんが歌い続けてくれたら嬉しいなぁ。。。

思っていることが顔に出る人とは分かり合えない気がする

私は思っていることが顔に出ないタイプ。

辛いことがあってもニコニコできちゃうタイプです。

 

だから、

「いつも顔に出さなくてえらいね」

って言われる場合と

「辛いことなさそうでいいね」(←ちょっと嫌味っぽいことが多い)

って言われる場合があります。

 

前者のように言ってくる人は「顔に出さないタイプ」の人で、後者は「顔に出てしまうタイプ」の人なんだと思う。

 

★「顔に出さないタイプ」の思考回路

自分は辛いことが顔に出ない

→他の人も顔に出さないことがあるだろう

→自分と同様、辛いことはみんなにあるはず

→いつも笑顔の人は顔に出さないように気をつかっているのだろう

→顔に出さなくてえらい

 

★「顔に出ちゃうタイプ」の思考回路

自分は辛いことが顔にでる

→他の人も辛かったら辛い顔をするだろう

→いつも笑顔の人はいつも楽しんでいるに違いない

→辛いことなさそう

 

・・・こんな感じではないだろうか。

 

昔「顔に出ちゃうタイプ」の同僚(Aさん)と話してて、全然話が噛み合わなかったことがあるのです。

 

Aさん「辛いことなさそうでいいですね。俺なんか辛いことばっかりですよ。」

私「あ~わかるわ~。私もあの業務苦手なんですよね。」

Aさん「えっ?でも楽しんでますよね?」

私「楽しそうに振る舞えることと実際楽しんでるのって別じゃないですか?」

Aさん「でも楽しくないと顔に出ちゃいますよね?」

私「いや、出さないようにできますよ。」

Aさん「なんで?出ちゃうじゃないですか。」

私「出さないように気をつけたらいいじゃないですか。」

Aさん「??????」

私「?????」

 

こういう不毛な会話をしてたんですよねw

分かり合えないwww

 

オブラートに包んだ表現をすると伝わらない人だったなぁこの人。。。

Aさんが特別鈍感なだけかもしれませんがねw

 

 分かり合えない人とは分かり合えないと割り切ったほうがいいですね。

 

【2017年6月12日℃-ute解散・萩原引退】 まいまいとかいて嬉しかった!!!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

ついに、ついに来てしまったこの日が。。。

℃-ute解散の日。

 

f:id:kio3:20170612081708p:plain

 

しかもまいまいは引退。。。

もう見られなくなるのは本当に本当に本当に✕10000…寂しいです。

まいまいは過去のイベントで、「愛理とちっさーは歌、舞美ちゃんとなっきーはダンス。あなたは?」ってファンの人に言われたって自虐的に話してたけど、

 

まいまいは必要に決まってんだろ!!!

この5人は一人も欠けちゃダメだろ!!

 

そんなこと言っちゃうファンはバカタレだな!ヽ(`Д´)ノプンプン

辛かったかな。辛かっただろうな。

でもずっと頑張り続けてくれてありがとうと言いたい。

(やばいまた自分の立ち位置を見失っているw)

 

今までの貴重な時間をファンのために使ってくれたわけだから、これからは自分のために時間を使ってほしい。

悲しいけど、応援しています!

幸せになってね!!!!!!

 

でも、まだ今日のライブが残っている!!

舞美ちゃんが雨女で、℃-uteの大事な日には雨が降るというのがお決まりのジンクスになっていますが、今日の埼玉の天気は・・・

 

f:id:kio3:20170612084636p:plain

 

「夜は雨の降る所があるでしょう。」

 

可能性は低いが、もしかするともしかするかも。

ファイナルスコール歌っているときに雨降ってたら感動的だな・・・

 

モー娘。’17 小田さくらは現代の山口百恵だ

ハロメンは全員好きなのですが、私が一番推しているのはモーニング娘。’17小田さくら(ニックネーム:おださく)です。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

1999年3月12日生まれの18歳、2012年に行われた「すっぴん歌姫オーディション」にて唯一の11期メンバーとなります。

モーニング娘。の歴史の中で単独合格は、3期の後藤真希(絶対的エース)、7期の久住小春(ミラクルメンバー)のみとなっており、モーニング娘。の新たな革命児となりました。

(8期の光井愛佳は一応単独合格ではありますが、留学生ジュンジュン・リンリンも8期扱いなのでここでは除外しました。)

 

彼女の一番の魅力は何と言っても歌!

つんく♂も「オーディション時点での能力でいうと、声質、歌い方、ブレス、リズム感、立ち上がり、ピッチ、ビブラートの面で歌唱力が、松浦亜弥高橋愛と並び、ハロー!プロジェクトの歴史でベスト3に入る」と太鼓判を押しています。

 

オーディション時から上手でしたが、そこからもメキメキと上達をみせ、アイドルの枠におさまらない歌唱力を見せつけています。

 


DVD『モーニング娘。'17 小田さくらバースデーイベント~さくらのしらべ6~』

 

なんでしょう・・若干18歳にしてこの憂い。

貫禄すら感じます。

あと、モーニング娘。としてパフォーマンスしているときに、彼女は流し目をすることが多いのですが、とっても色っぽい。

末恐ろしいです。

 

私はそういった意味で、昭和の大スター山口百恵に通じるものがあると思うのです。

 

で!昨日TBSの「櫻井・有吉THE夜会」に三浦友和さんと山口百恵さんのご子息の三浦貴大さんが出演しており、三浦さんはおださくのことが好きとおっしゃってました!!

 

やっぱ見る目あるわ~(←何様w)

 

番組内で「えっ?十代の女の子が好きなの?」みたいな雰囲気になっていましたが、アイドル好き(特にハロプロ好き)って別に性的な目で見てないので、「分かってないなぁ~」って思っちゃいました。

才能と努力に惚れるのです。

極めて美しいものです。

 

三浦さんのおかげでおださくの映像が流れて嬉しかった!

三浦さんありがとう!!!

 

それにしてもハロヲタが増えると嬉しいですね。

一方的に三浦貴大さんに仲間意識を感じています。今後応援しよう。

 

おださくの歌声は昭和歌謡も似合うと思うので、いつか百恵ちゃんの歌をカバーしてほしいなぁと思う今日このごろです。